アレルギーポータル

よくある質問

よくある質問

アレルギーに関するよくある質問をまとめています。
アレルギーに関して不安なことや疑問なことがあればここから検索してください。
よくある質問は定期的に更新されます。

質問を探す

フリーワードで探す
話題のキーワード

新着FAQ

原因になりやすい食物を妊娠中から制限することや、出産後も母乳への影響を考慮して制限することは有効ですか。

どちらも有効性が証明されておらず、勧めることはできません。偏った食事は栄養障害をきたすおそれもあるので、医師の指示に従って、できれば栄養士の指導も受けてバランスのよい食事を心がけましょう。

原因になりやすい食物はあるのですか。

卵(鶏卵)や牛乳、小麦が多いことが知られています。魚介類(魚卵を含む)、ピーナッツや果物類、そば、甲殻類(えび・かに)なども原因になりやすく、そのなりやすさは年齢とともに変わる傾向にあります。これらの食物を材料として用いた加工食品も原因となるので、発症した人が食事をする際は、食品表示を見て確認するようにしてください。

食物アレルギーと食中毒の違いは何ですか。

食物アレルギーは免疫がかかわる病気であり、多くは食物の成分として含まれているタンパク質が原因となります。一方、食中毒は、食物に付着したウイルスや細菌のほか、毒キノコなど、本来、食べてはいけないものに含まれた毒などが原因で生じる病気であり、免疫はかかわりません。

毎年、スギ花粉が飛散する時期がつらいのですが、スギ花粉症を根治させることはできないのですか。

近年、アレルギーの根治を目指して行われているのが、アレルゲン免疫療法です。定期的に注射を行う皮下免疫療法と、舌の下へ毎日薬を投与する舌下免疫療法の2つの方法が行われており、どちらもスギ花粉症用の薬があります。持続した効果を得るまでには、専門の資格を持つ医師の指導のもとで年単位の投与期間が必要となるので、興味がある方は実施可能な医療機関にて詳細を確認することをお勧めします。

雨が降ったあとの翌日が晴れだと症状が悪化するようなのですが、気のせいでしょうか。

雨天の場合、空中に浮遊していた花粉は雨とともに地面へ落ちていくため、花粉症の症状は軽くなります。しかし、雨が上がって地面が温められると、落ちた花粉は再び空中に巻き上げられるため、新たに飛散してきた花粉と併せて考えれば、通常よりも飛散量が多くなります。花粉の回避対策をしていないと症状が悪化するので、このような日は、特に気をつけましょう。

SHARE
facebook
twitter