アレルギーポータル

アレルギーって?

“アレルギー”って?

監修
西間三馨
(日本アレルギー学会顧問 / 元日本アレルギー学会理事長 / 国立病院機構福岡病院名誉院長)
斎藤博久
(前日本アレルギー学会理事長 / 国立成育医療研究センター研究所研究所長補佐)

様々なアレルギー疾患の特徴や治療方法などの基礎知識についての情報をまとめています。
症状や重症度まで解説していますので、気になるアレルギー疾患の疾患理解に役立ちます。

主なアレルギー疾患

小児のぜん息

小児ぜん息の特徴について解説しています。ぜん息かどうか判断できずに困っていたり、ぜん息のお子さんをお持ちの保護者の方向けに子どものぜん息の症状や治療方法を簡潔に分かりやすく説明しています。

成人のぜん息

成人のぜん息の特徴について解説しています。正しく治療を行うために必要な情報を分かりやすく説明しているので、治療中の患者さんもご自分の疾患について理解を深めることができます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の特徴について解説しています。アトピーについて正しく理解を深めることで治療ゴールに近づきます。アトピー性皮膚炎の重症度や治療方法の基礎情報が掲載されているので、病院に行く前に見ておくのも良いかもしれません。

アレルギー性鼻炎(通年性・季節性)

アレルギー性鼻炎の特徴について解説しています。アレルギー性鼻炎は花粉症がだけでなく、ダニやホコリが原因となる通年性アレルギー性鼻炎も含まれますが、放置しておくと感染症などのリスクが高まります。現在様々な治療方法が確立されています。

花粉症

現在、日本人の約4人に1人が花粉症だといわれます。花粉症の鼻症状は呼吸がしづらくなるため、集中力の低下やよく眠れないなど、勉強や仕事、家事に大きな影響を及ぼします。様々な治療薬がありますが、メガネやマスクの着用など原因抗原の回避が基本になります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は目に生じるさまざまなアレルギー疾患の総称です。目のかゆみで視力に影響するケースもあるので、適切な治療が重要です。症状に応じて様々な治療方法がありますが、点眼薬での治療のほかに、外科的治療を選択する場合もあります。

食物アレルギー

食物アレルギーは、ある特定の食べ物を摂ったあとにアレルギー反応があらわれる疾患です。重症の場合は強い腹痛や嘔吐を繰り返し、便失禁があり、ぐったりして意識を消失する場合があります。特に子どもの食物アレルギーに関しては園や学校などの協力が不可欠です。

重症薬疹

薬疹は、薬の内服や注射で生じる発疹です。治療には原因となっている薬を中止するなどがありますが、これらの治療で反応しない場合には血漿交換も行われます。薬疹が疑われたら一刻も早く治療を開始することが重要です。

接触皮膚炎

接触皮膚炎は身の周りにあるほとんどの物質が原因となります。原因となる物質が皮膚に接触し、それが刺激やアレルギー反応となってかゆみを伴う湿疹があらわれますが、単純なかぶれとして判断せずに、違和感を感じたら、速やかに専門の医療機関を受診してください。

蕁麻疹(じんましん)

じんましんは、皮膚の一部が赤くくっきりと盛り上がりが身体のあちらこちらにできる疾患です。重症の場合には、のどの粘膜が腫れ、呼吸が苦しくなることがあります。重症の場合は短期間だけ経口ステロイド薬を服用する場合があります。

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーは天然ゴム製品に接触することによって生じるじんましん、 アナフィラキシーショック 、喘息発作などの即時型アレルギー反応のことです。治療方法は疑わしい物質からの回避しかありません。症状が進行しないように日常生活、医療用具に注意します。

アナフィラキシー

アナフィラキシーは、アレルゲンなどの侵入により複数の臓器にわたる全身にアレルギー症状があらわれて生命に危機を与え得る過敏反応と定義されています。なんらかのアレルギーがある人はアナフィラキシーにならないように医師と相談が必要です。

職業性アレルギー疾患

職業性アレルギーは、職業性ぜん息、職業性アレルギー性鼻炎、職業性皮膚疾患、職業性アナフィラキシーなど、職業環境が原因で生じるアレルギー疾患を指します。アレルギー疾患は合併することがあるため、自分の状態を把握することが重症化を予防するために必要です。

SHARE
facebook
twitter