アレルギーポータル

よくある質問

よくある質問 検索結果

乳幼児期の紫外線対策について教えてください。

過剰な紫外線にさらされることは、将来の皮膚の健康や美容にさまざまな悪影響が生じるといわれていますので、適切な紫外線の対策を行いましょう。
太陽光の紫外線を過度に浴びると、しわやしみなどの皮膚の老化を早め、さらに将来の皮膚がんの発生、そして白内障や翼状片(よくじょうへん:目の白い部分の表面である結膜が黒目の部分に入り込んでくる状態)などの目の病気が起こりやすくなるため、太陽光を浴び過ぎて強い日焼けをしないように心がけることが、健康で過ごすために大切と考えられています。また、アトピー性皮膚炎では急激な日焼けが皮膚炎を悪化させることがあるので、予防のために強い陽射しを避けます。
一方で、紫外線は丈夫な骨をつくるビタミンDの生成に必要ですので、過度に心配するあまり外出を控え過ぎるのも好ましくありません。青空と陽光のもとでの適切な活動を心がけましょう。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

一覧へ戻る

アレルギー疾患の基礎情報は
こちら

アレルギーについて

アレルギーについて

アレルギーについて

アレルギー疾患に関する
書籍はこちら

アレルギーの本棚

アレルギーの本棚

アレルギーの本棚

医療機関情報は
こちら

医療機関情報

医療機関情報

医療機関情報
SHARE
facebook
twitter