アレルギーポータル

アレルギーって?

“アレルギー”って? 食物アレルギー

特徴について

食物アレルギーは、ある特定の食べ物を摂ったあとにアレルギー反応があらわれる疾患です。乳幼児の5~10%、学童期の1~3%が食物アレルギーと考えられています。多くの子どもが成長とともに腸管が発達して、徐々に原因食物が食べられることが多くなります。食物アレルギーの抗原は主に食べ物に含まれるタンパク質で、乳幼児期には小麦や大豆、鶏卵、牛乳などが、学童以降では甲殻類や果物、そば、魚類、ピーナッツなどの原因に変わっていくという特徴があります。

症状について

食物アレルギーの症状は身体のどこかだけにあらわれる場合もあれば、全身に複数の症状があらわれることもあり、この状態を「アナフィラキシー」と呼びます。皮膚症状(じんましん、ほっせきなど)、消化器(腹痛、下痢、嘔吐など)、目(充血など)、呼吸器(くしゃみ、鼻水、咳、呼吸困難など)、神経(頭痛など)があらわれます。上記の症状が強くあらわれて、さらに血圧の低下や意識障害などを伴う場合を「アナフィラキシーショック」と呼び、生命の危険にまで及ぶことがあります。

重症度について

食物アレルギーの重症度は、あらわれる症状の場所・部位や強さで分類されます。「軽症」は皮膚症状が部分的で消化器症状も弱く、元気がなくなる程度です。「中等症」では皮膚症状は全身に広がり、がまんできないほどのかゆみや、軽い息苦しさや、眠気があらわれる場合があります。「重症」では全身症状があらわれ、強い腹痛や嘔吐を繰り返し、便失禁や、ぐったりして意識を消失する場合があります。重症ではすぐにアドレナリン自己注射薬(エピペン®)を打って病院に救急搬送します。

治療などについて

食物アレルギーはアナフィラキシーショックを伴う場合があるので、アレルギー専門医による経口負荷試験などにより確定診断を受ける必要があります。医師から抗ヒスタミン薬などの薬が処方されることがありますが、症状を緩和するためで、治すための薬ではありません。アレルギー専門医のもとで栄養食事指導を受けてください。アナフィラキシーショックが疑われるときは迷わずアドレナリン自己注射薬(エピペン®)を打って病院に救急搬送します。園や学校などの協力が不可欠です。

SHARE
facebook
twitter