アレルギーポータル

アレルギーって?

“アレルギー”って? アトピー性皮膚炎

特徴について

アトピー性皮膚炎の多くは、「強いかゆみ」と眼や口、耳の周りや首、手や足の関節のやわらかい部分、体幹などに多くは左右対称の「皮疹」があらわれ、皮膚症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴です。アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚のバリア機能が低下しており、さまざまな刺激に皮膚が反応して炎症が生じやすくなり、さらにアレルゲンが皮膚へ侵入しやすくなると考えられています。皮疹の広がり方は小児と成人では異なるという特徴があります。

症状について

アトピー性皮膚炎は皮膚が赤くなってブツブツができたり、カサカサと乾燥して皮膚がむけたり、かさぶたができる場合があります。強いかゆみを伴う皮疹が生じ、バリア機能が低下して普通なら感じないような刺激でかゆみが強くなって掻いてしまい、さらに湿疹を悪化させるという悪循環をたどることが多くなります。皮疹は、乳児は頭や顔から、幼小児では頭やわきの下、肘(ひじ)や膝(ひざ)の裏側などから生じ、思春期・成人では顔を含む上半身で皮疹が強くなる傾向があります。

重症度について

アトピー性皮膚炎の重症度は皮疹の程度と炎症の強さで分類されます。

軽症:面積にかかわらず皮膚に軽度の赤みや乾燥だけが認められる状態です。

中等症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積のおよそ10%未満に認められる状態です。

重症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積のおよそ10%以上で30%未満に認められる状態です。

最重症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上に及ぶ状態です。皮疹は面積より個々の皮疹の重症度が重要視されます。

治療などについて

症状がないかあっても軽微で、日常生活に支障がなく薬物療法をあまり必要としない状態を目指して治療を進めます。治療は抗炎症薬とスキンケア、悪化因子の検索と対策の3つが基本です。炎症に対してステロイド外用薬やタクロリムスを個々に、あるいは組み合わせて用いて、これに保湿剤などのスキンケアを継続します。治療により皮膚が一見きれいになっても皮膚の深い層に炎症が残る場合もあるので治療を途中で止めてはいけません。

SHARE
facebook
twitter