アレルギーポータル

よくある質問

よくある質問 検索結果一覧

その他 の検索結果

匂いが原因となるアレルギーはありますか。

アレルギーとなる原因物質は、ほとんどがたんぱく質です。匂いはたんぱく質ではないため、アレルギーが生じることはまずありません。

小学校では、課外学習のときに動物にふれあうことがあります。動物アレルギーの子どもは触らないで、離れて見るだけにしていますが、その他の子どもたちは、触ったあとに手を洗ったほうがよいですか。

アレルギーがあってもなくても、動物への感染を防ぐために動物を触る前に手を洗うことになっています。アレルギー検査を受けていない子どもで症状が出てしまう場合もありますので、触った後も手を洗ってください。

薬物アレルギーの検査にはどのようなものがありますか。

血液検査(リンパ球刺激試験)、皮膚テスト(皮内テスト、パッチテストなど)があります。最も確実な検査は、もう一度、原因として疑わしい薬を内服していただく「誘発試験(内服試験)」ですが、重篤なアレルギー症状が出ることもあるため、アレルギー専門医への相談が必要です。

ある特定の薬を飲むと具合が悪くなります。どのような薬を飲んではいけないのでしょうか。

これまで服用した薬と、薬を飲んだあとに出てきた症状の関係から、原因となる薬物や薬の原材料への添加物が推測できることもあります。まず、どの薬を飲んだあとに、どのような症状が出たことがあるのかなど、できるだけ詳細にメモなどをしてアレルギー専門医にご相談ください。

家の掃除が不十分だとアレルギーになりやすいですか。

家の掃除がアレルギーの発症に影響を与えるかどうかは、はっきりとはわかっていません。ただし、ダニが多い環境で生活すると、ダニに感作されやすくなるので、部屋のホコリを減らすことは大切です。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

妊娠中の喫煙はアレルギーに関係ありますか。

妊娠中の喫煙は、生まれてくる子どものぜん息の発症につながるばかりでなく、アレルギー以外にも母親と子どもにさまざまな悪い影響をもたらすことが知られています。母親だけでなく、家族全員で禁煙・分煙が必要です。妊娠中の喫煙(受動喫煙含む)および生まれた子どもの受動喫煙はぜん息の発症に関与する可能性が報告されています。また、ベランダや換気扇の下で喫煙しても、受動喫煙の影響があることが知られており、母親のみではなく、父親やその他の家族も含めて禁煙・分煙を行う必要があります。また、近年使用が増加している非燃焼・加熱式タバコや電子タバコの健康被害に関しては明らかになっていない点もありますが、その有害性が報告されています。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

母乳栄養のほうが粉ミルクなどよりもアレルギー疾患になりにくいでしょうか。

母乳には多くのメリットがありますが、母乳栄養のほうが粉ミルクなどよりも子どもがアレルギーになりにくいかどうかははっきりわかっていません。母乳栄養によって子どものアレルギー疾患の発症を予防する効果を報告した研究がある一方で、母乳がアレルギー疾患の発症リスクとなる可能性を報告したものもあり、結論は出ていません。母乳には多くの有益性があるものの、子どものアレルギー疾患の発症予防のためという点では、母乳栄養に過度にこだわる必要はないと考えられます。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

親や兄弟、姉妹にアレルギー疾患をもつ人がいると、新たに生まれてくる子どもはアレルギー疾患になりやすいですか。

アレルギー疾患の発症に遺伝的な要因は関係がありますが、それだけでアレルギーになるわけではありません。アレルギー疾患の発症における遺伝的な要因の関与は大きく、多くの研究の結果から、アレルギー疾患の家族歴は子どものアレルギー疾患発症のリスク因子であることが示されています。しかし、アレルギー疾患の発症には環境要因などのさまざまな要因が関与しており、遺伝的な要因のみでアレルギー疾患が発症するわけではありません。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

親がアレルギー疾患を経験していた場合、子どももアレルギー疾患になるのでしょうか。

体質としてのなりやすさは遺伝すると考えられています。アレルギー疾患は遺伝的な要因だけでなく、生まれたあとの環境的な要因が大きく影響するため、必ずしも親と同じようにアレルギー疾患が発症するとはいえません。また、発症しないともいい切れません。発症を予防するためには、アレルゲンを体内に進入させない環境整備をできる範囲で行うことが効果的です。

薬を長く使い続けていますが、妊娠には影響ないのでしょうか。

薬によっては妊娠に影響する可能性が稀にあるため、妊娠を希望される段階で主治医に相談してみましょう。治療中のアレルギー疾患にも、おなかの中の赤ちゃんにも影響が少ない治療法に変更するよう主治医が提案してくれたり、専門的な知識を有する医療機関を紹介してくれたりするでしょう。ご自身の判断で薬を中断して病状を悪化させてしまうことは避けてください。

  • 1 / 2
  • 1
  • 2
  • アレルギー疾患の基礎情報は
    こちら

    アレルギーについて

    アレルギーについて

    アレルギーについて

    アレルギー疾患に関する
    書籍はこちら

    アレルギーの本棚

    アレルギーの本棚

    アレルギーの本棚

    医療機関情報は
    こちら

    医療機関情報

    医療機関情報

    医療機関情報
    SHARE
    facebook
    twitter