アレルギーポータル

よくある質問

よくある質問 検索結果一覧

フリーワードで探す
話題のキーワード

離乳食 の検索結果

食物アレルギーと診断された乳児に授乳中の母親は食物除去すべきですか?

湿疹は、スキンケアなどできちんと対応できていれば、授乳中の母親も乳児の原因食物の除去が必要となることは少なく、除去が必要な場合でも多くは短期間で解除できます。母乳栄養や混合栄養では、湿疹があるような一部の乳児で母親の食事内容が食物アレルギーの症状と関連していることもあるために、母親の食物除去が必要となることがありますが、乳児により除去範囲は異なり、この場合も多くは短期間で解除できます。
パンやお菓子などの加工品は食べてよいことが多く、また乳児が離乳食を開始するころには解除できることが多いのですが、過剰な・長期的な食物除去をしている場合があります。医師に除去の必要性を確認してもらいましょう。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

食物アレルギーと診断されて原因食物の除去を指示されましたが、どのように離乳食を進めたらよいですか?

食物アレルギーがあるからといっても、原因となる食べ物以外の離乳食開始の時期を遅らせる必要はありません。医師から指示された原因となる食べ物を除去しながら、通常通りに離乳食を進めましょう。食べ物を除去することにより栄養状態が悪化しないように、必要な栄養素を含む他の食品をバランスよく食べるようにしましょう。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

医師にアトピー性皮膚炎と診断されました。食物除去は必要でしょうか?

アトピー性皮膚炎というだけで、食物アレルギーが原因と考えたり、離乳食の開始を遅くしたりする必要はありません。スキンケアやステロイド外用薬などによる適切な外用療法を優先させましょう。
乳児期では、特定の食べ物がアトピー性皮膚炎の悪化に関与していることもありますが、すべての乳児にあてはまるわけではありません。安易に食物除去をするのではなく、まずはスキンケアやステロイド外用薬などによる湿疹の治療を優先させるべきです。もしも食べ物によるアレルギーが皮膚炎を悪化させていると疑われる場合には、アレルギー専門の医師に相談しましょう。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

食物アレルギーにならないために、離乳食を開始するのを遅らせるほうがよいでしょうか。

食物アレルギーの発症予防を目的として離乳食の開始を遅らせることは推奨されていません。過去には、食物アレルギーになりやすい食品の摂取開始を遅らせることが望ましいと考えられた時期がありましたが、離乳食の開始を遅らせることで食物アレルギーの発症が予防できるという十分な証拠はありません。しかし、湿疹がある子どもでは、食物アレルギーの発症リスクが高いことが知られています。この場合もむやみに摂取開始を遅らせるのではなく、医療機関を受診して皮膚症状の改善を行い、離乳食の開始について相談しましょう。(参考:「小児アレルギー疾患保健指導の手引き」より)

SHARE
facebook
twitter