アレルギーポータル

アレルギーって?

“アレルギー”って? 花粉症

特徴について

日本人の約4人に1人が花粉症だといわれます。花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因で、主にくしゃみ・鼻水・鼻づまりが生じるアレルギーです。目や皮膚など他の臓器にも症状があらわれることもあります。ダニなどの原因で1年を通して症状があらわれる通年性アレルギー性鼻炎に対して、花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。飛散期は花粉症全体の約7割を占めるとされるスギ花粉症は2〜3月、ヒノキは4〜5月、シラカバ(シラカンバ)は4〜6月、カモガヤは5〜8月、ブタクサやヨモギは8〜10月頃とされています。

症状について

花粉症の症状は、水のような「鼻水」と繰り返す「くしゃみ」、「鼻づまり」が3大主徴です。鼻に近い目にもかゆみや異物感が生じ、花粉飛散量に比例して症状が悪化する傾向があります。鼻症状は呼吸がしづらくなるため、集中力の低下やよく眠れないなど、勉強や仕事、家事に大きな影響を及ぼします。花粉症の人が果物や生野菜を食べた後、数分以内に唇、舌、口の中や喉にかゆみやしびれ、むくみなどがあらわれる口腔アレルギー症候群になる場合があります。

重症度について

花粉症の重症度は、鼻水をかむ回数とやくしゃみが生じる回数、鼻づまりは口呼吸の回数で診断されます。鼻水とくしゃみは密接に関わるのでまとめて「鼻水・くしゃみ型」、鼻づまりが他の症状より強いと「鼻づまり型」、3つの症状が同様に強いと「充全型」と分類します。花粉症は重症でも生命に関わることはありませんが、花粉症と食物アレルギーが合わさった口腔アレルギー症候群ではアナフィラキシー反応が生じる場合があり、医師の正確な診断・治療が必要となります。

治療などについて

花粉症の治療は、鼻のアレルギー性炎症に対する鼻噴霧用ステロイド薬や、くしゃみや鼻水の原因物質に対して抗ヒスタミン薬やロイコトリエン受容体拮抗薬などの経口薬が、単独もしくは組み合わせて処方されます。重症度に応じて、薬物療法のほかにレーザーによる手術療法や、アレルギーの根治を目指すアレルゲン免疫療法(皮下注射法・舌下法)が選択されます。いずれも花粉飛散予報による行動の制限や、メガネやマスクの着用など原因抗原の回避を基本とします。

SHARE
facebook
twitter