アレルギーポータル

アレルギー対策

アレルギー対策 ラテックスアレルギー

1.ラテックスアレルギーの特徴

天然ゴム(natural rubber latex)製品に接触することによって生じるじんましん、アナフィラキシーショック、ぜん息発作などの即時型アレルギー反応をラテックスアレルギーといいます。天然ゴム製品は、手袋、カテーテル・絆創膏などの医療用具のほかに、炊事用手袋、ゴム風船、コンドームなどの日用品として日頃から接触する機会が多い製品です。わが国では「医薬品等安全性情報No.153」(1999年)により医療用具の説明書や容器や包装に、天然ゴムが使用されていることとアレルギーの症状が生じやすいことを表示することが義務づけられています。

2.ラテックスアレルギーの症状

ラテックスアレルギーで最も多い症状は、じんましんです。手袋を装着した部分に、かゆみや発赤、膨疹、水疱が生じ、全身性に広がることもあります。アナフィラキシーショックに移行する場合もあります。アナフィラキシーショックは、手袋、歯科用デンタル・ダム、バリウム浣腸用のカフ、コンドーム、交又抗原性を有する果物の摂取による例があります。呼吸器の症状は、じんましんが全身に波及した場合や、手袋パウダーに付着したラテックスアレルゲンを吸入した場合に生じます。

3.ラテックスアレルギーによるアナフィラキシー反応

米国FDAが1992年にラテックスアレルギーの注意を報告するまでに、アナフィラキシーショックによる死亡が15名、アナフィラキシーショックが1,000名以上報告されています。医療従事者がラテックスアレルギーを発症し、喘息発作、アナフィラキシーを生じたために職場を変更せざるを得なくなった患者さんが欧米だけではなく、わが国でも多数報告されて訴訟の事例もあります。アナフィラキシーショックによる死亡例の多くはバリウム浣腸用のカフによるものでした。

4.ラテックスアレルギーの治療

具体的な治療はアナフィラキシーの重症度によって異なりますが、だんだん元気がなくなっていくように見える意識障害などが認められる場合には、呼吸や心拍がゆっくりになっていっていないかどうか、皮膚の色が赤くなってきていないかどうかなどの状態を確認しながら、必要に応じて一次救命措置を行い、医療機関への搬送を急ぎます。そのうえで、足を頭より高く上げた体位で寝かせます。また、嘔吐してしまう場合に備えて、顔を横向きにします。

5.ラテックスアレルギーの治療

ラテックスアレルギーの治療は、現在のところ疑わしい物質からの回避しかありません。診断がつけられれば、症状が進行しないように日常生活、医療用具に注意して、医師と具体的な回避の方法を考えます。完全に除去することができれば、過敏性の改善が得られる可能性があります。最近では医療用具だけでなく日用品でもラテックスフリーの製品が増えていますので、ラテックスに感作された人はラテックスフリーの製品を使用するように心がけてください。

6.ラテックスアレルギーのハイリスクグループ

ラテックスアレルギーが生じやすい人たちは、アレルゲン(天然ゴム)との接触が多い人で、アレルギー反応が生じやすい体質を持つ人たちです。すなわち天然ゴムを含む製品に接触する機会の多い人はリスクが高くなります。

  • ①医療従事者:
    かつては手袋など医療用具の多くに天然ゴム製品が用いられていたために発症する人が多かったのですが、最近は天然ゴム成分を含まない「ラテックスフリー(パウダーフリー)」の製品が製造されて普及するにつれて発症する人が減ってきています。
  • ②アトピー体質を持つ人:
    アレルギー反応が生じやすい人はラテックスアレルギーが生じるリスクが高く、アトピー性皮膚炎の患者さんが多い傾向があります。また、ラテックスはバナナやアボカド、キウイフルーツ、クリ、トマト、パパイア、ポテトなどの植物性食品のアレルギーと関連性があり(交差反応性があり)、これらの食物アレルギーがある人も要注意です。
  • ③医療対応が繰り返される人:
    生後間もなくから繰り返し手術を受けるなど、天然ゴム製品と多く接触せざるをえない患者さんもリスクが高い傾向がありますが、最近は医療従事者の場合と同様にラテックスフリー(パウダーフリー)製品の普及で減ってきています。

7.ラテックスアレルギーの予防

  • ①まだ罹患していない人:
    天然ゴム製品と接触が多く、さらに本人や家族にアレルギー疾患がある人はラテックスアレルギーになりやすいので、できるだけ天然ゴム成分(ラテックス)に触れないように心がけてください。最初に述べたように医療用具には天然ゴム成分が含まれていることの表示が義務づけられていますので、治療を受けるときも医師・看護師に伝えて医療用具を選んでもらうようにします。
  • ②すでにラテックスアレルギーとわかっている人・疑わしい人:
    1次予防と同様に、日常生活のあらゆる場面で、できるだけ天然ゴムに触れないように心がけてください。職業でどうしても接触せざるをえないときは雇用者に伝えて接触しない環境で就業できるようにしてください。自分がラテックスアレルギーであることを示す「アレルギー情報カード」などを持ち歩くことが推奨されます。さらに、ラテックスアレルギーで重い症状になったことがある人は、医師と相談してアドレナリン自己注射薬(エピペン®)や抗ヒスタミン薬を携帯してください。
SHARE
facebook
twitter